こだわり特集

賃貸住宅でペットと暮らす

news09

ペットは家族の一員です。
毎日の生活に欠くことの出来ない大切な存在のペットと、安心かつ快適に暮らす為には、どんな物件を選ぶのが良いのでしょうか?
昨今、ペット飼育可のデザイナーズマンションも増えてきています。
ですが、ペットに関するトラブルが多いのも事実ですので、大切な家族がトラブルに巻き込まれない為にも、物件選びは慎重に行いましょう。

【ペット可賃貸】

ペット可賃貸は「通常の賃貸物件」でのペット飼育が許可されているものです。
なので、ペットの飼育をしていない住人もいらっしゃいます。
同じ賃貸物件に入居している全ての人が、ペットに理解があるわけではないことを頭に入れておきましょう。
当然、ペットが苦手な住人がいるのも事実です。

また、「ペット可能」となっていても、ペットの種類が限られている物件がございます。
小型犬はOKでも大型犬はNGだったり、爪とぎで壁に傷がつくので猫がNGな物件もあります。
ゲージで飼える鳥やハムスターなどの小動物のみOKの物件もございますので、確認漏れのないよう注意しましょう。

特にトラブルになりやすい主な原因と対処法を上げておきます。

1.鳴き声
深夜や早朝にペットが鳴いてしまい、家族のみならず、近隣の住人の睡眠を妨げてしてしまったり、家族が留守中にペットが寂しさや不安で泣き続けてしまったり(分離不安と言います)
犬の散歩などで部屋から外へ移動をする際に、他の住人に対し威嚇したり吠えてしまったりする、こういった例が1番多い苦情やトラブルの原因です。
これはしっかりと飼い主が「しつけをする」ということ以外になかなか対策が難しい問題ですね。
ペットが無駄に鳴く原因というのは必ずあるものです。
ペットの不安や寂しさやストレスを飼い主さん本人がしっかりと受け止め、理解し、それにどう対処するかを考えて行動する。これが重要です。

2.ペットの臭いや抜け毛
ペットを飼育するにあたり、トイレをベランダに設置するのは絶対にやめましょう。
これは近隣との臭いのトラブルに必ず繋がります。
ブラッシングをベランダで行うのもNGです。
風でペットの毛が、お隣のベランダに干している洗濯物についてしまう可能性があるからです。
共用の部分でペットが排泄をしてしまった時も、必ず綺麗に掃除をしましょう。
管理人さんがいる場合は、事実を伝えて一言でいいので謝罪をしておくのも大切です。

3.ペットの走る音
犬や猫など普段はゲージに入らず家の中を走るペットの場合は、下に防音用のカーペット等を敷くのがベストです。
つい興奮して走り回ってしまったり、走っている最中に物を倒したり割ってしまったりして、下に住む方に迷惑をかけてしまうことがあるかもしれません。

【ペット共生賃貸】

ペット共生賃貸とは「ペットと共に暮らせる賃貸物件」です。
住人はペットと暮らすことを前提とし契約をして入居を決めています。
なので、ペットが苦手だったり嫌いだったりする住人はいないものと思われますので、通常の物件でペットを飼育するよりは、トラブルが少ないと考えられます。
しかし、ペットと共に生活をするにあたり様々な設備が整っているため、敷金や礼金などの初期費用や家賃などは通常の物件より高く設定されています。
物件数もそれほど多くはありませんので、ご希望の場所にペット共生賃貸がないという場合もあります。
ペットの審査もありますので、しつけやマナーがなっていない、またはペットの数が多いと入居を断られる場合もありますのでご注意ください。

ペット共生賃貸の設備には便利なものがたくさんありますのでいくつかご紹介致します。

1.足洗い場
お散歩で汚れてしまったペットの足を洗うことが出来ます。お部屋を汚すことがない親切な設備です。

2.汚物処理場
お散歩中のペットの汚物をお部屋に持ち帰らずに処理することが出来ますので、臭いで迷惑をかけることがありません。

3.ドッグラン
リードなしで愛犬を伸び伸び自由に遊ばせてあげることが出来ます。

4.ペットスペース
文字通りペット専用のお部屋になります。トイレを設置するためのスペースやペットの為のグッズを収納出来る棚などもありとても便利です。

5.壁クロス見切り
ペットが壁のクロスを傷つけてしまうケースを考え、程よい高さのところに見切りがつけてあります。
猫が爪とぎでクロスを傷つけてしまうことは多々ありますが、この見切りがあることで、壁のクロス一面ではなく見切りの部分の張替えのみで済みます。費用の削減になり安心です。

他にも様々なペットとの生活の為の設備が備わっているのがこのペット共生賃貸の魅力的なところです。

ペットを飼っている方が多い。それだけでも心強く安心して生活が出来ると思います。
ですが、近隣住人への配慮というものは通常の賃貸物件に住んでいる方達への配慮となんら変わりはありません。

ペットを飼育していると「これくらい当たり前」とつい思ってしまうことも、ペットを飼育していない人、または同じペットを飼育している人にとっても不快に感じてしまうことがたくさんあるものです。

ルールとマナーを大切に、しつけをしっかりして、大切な家族と気持ちよく過ごしていきたいですね。

トップに戻る

マップ検索マップ検索路線検索路線検索

空室お問い合わせ・ご相談・非公開物件も多数ご紹介!お気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせは「0120-519-910」までメールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

ラグジュアリーについて 手数料無料(0円)にできる理由 オーナー様へ

PICK UP!

都市型マンション プレサンス特集
家具付き物件 格安・審査なし