こだわり特集

管理費と共益費って何?

pixta_40963107_M

お部屋を借りたら、必ず毎月の家賃の支払いが発生しますよね。
そして、賃貸物件には家賃だけではなく「管理費」や「共益費」が発生することがあります。
管理費や共益費ってなんだろう?何のために支払っているのだろう?お金はどこに使われているのだろう?
そんな疑問をここでは詳しく説明していきたいと思います。

【管理費・共益費とは?】

管理費・共益費とは、物件の「共有部分」の維持や管理をするための費用になります。

「不動産の表示に関する公正競争規約施行規則」では
共益費:借家人が共同して使用又は利用する設備又は施設の運営及び維持に関する費用をいう。
管理費:マンションの事務を処理し、設備その他共用部分の維持及び管理をするために必要とされる費用をいい共用部分の公租公課等を含み、修繕積立金を含まない。
と、されています。

文章だけ読んでも少しややこしく感じてしまうかもしれませんが、「物件の維持や管理をする」という意味では、管理費も共益費もどちらも同じものなのです。
ですので、物件を探す際は「管理費と共益費は同じもの」と考えて問題はないかと思われます。

管理費と共益費の内容を細かく、かつ明確に分けて、両方の支払いをきっちり徴収するという物件はまずありません。

【物件の共用部分とは?】

物件の共用部分には、エントランス、廊下、階段、屋上、機械室、ゴミ置き場、エレベーター設備、電気設備、受水槽、集合郵便受、管理人室などがあります。
また、バルコニーやベランダも、ついご自分のお部屋の専用部分だと勘違いしがちですが、火災などが発生した場合の住民の避難経路になりますので共用部分となるのです。

【共用部分の維持・管理とは具体的にどういうものか】

共用部分の維持・管理の内容は、そのマンションによって様々ではありますが、一般的な例をあげますと

・共用部分の清掃料
・共用部分の備品代、修繕費
・共用部分の電気料、水道料
・エレベーターの点検、保守、管理料
・オートロック設備の点検、保守、管理料
・消防設備の点検料
・インターネット回線、ケーブルTVなどの料金
・管理員の人件費
・管理会社への委託料

などがあげられます。

エレベーター付きのマンションの1階に住んでいて、仮にエレベーターを使用することが全くないとしても、正確な使用頻度で金額を決めるということは不可能に近い為、エレベーターの管理経費を免除されることはありません。

【管理費・共益費の相場はどのくらい?】

一般的に管理費・共益費は家賃の5~10%程度の金額が設定されている物件が多くみられます。
ですので、家賃に比例してその値段は高く設定されることになります。
また、ホテルのような豪華な設備(カラオケルーム、温泉、プール、レストランなど)が設けられている場合は、管理費や共益費が高くなり、家賃の10%以上の金額になる場合もあります。

【管理費・共益費が0円の物件とは?】

物件によっては管理費・共益費を家賃の中に含めているものがあり「管理費無料」と表記されていますが、管理費が無料だからといって、物件が全く管理されていないというわけではありません。
では何故、家賃と管理費を分けている物件と、管理費を家賃に含めている物件があるのでしょうか?

例:Aマンション 家賃5万8千円・管理費2千円
Bマンション 家賃6万円(管理費無料)

AマンションとBマンションはどちらも毎月の家賃・管理費は6万円です。
物件探しをする時の判断基準は家賃の値段の割合が高く、5万円代と6万円代の差はとても大きく感じるものです。
インターネット上での物件検索でも家賃〇〇円までと条件指定をして探すこともあると思いますので、管理費は家賃に含めず、家賃をなるべく低めに設定しておく方が、多くの目にとまりやすいのではないか?というメリットが考えられます。
また、管理費無料という言葉に魅力を感じる人もいると思いますので、家賃に管理費・共益費を含める含めないは、貸主さんの考えによって異なるものとなります。

敷金の相場がおおよそ家賃の1ヶ月分ということを考えると、Aマンションでは敷金が5万8千円(管理費の2千円は含まれません)となり、Bマンションでは敷金が6万円となります。
借主にとっては家賃と管理費を分けているAマンションの方がお得となり、Bマンションより初期費用を抑えることが出来るのです。

また、管理費での収入は経費扱いとなりますので課税の対象にはなりません。
貸主さんにとっては、毎月の家賃の料金を抑えて管理費をもらう方が利益が高くなります。

ご自身のお部屋のみならず、デザイナーズマンションの共用部分が綺麗に保たれていると本当に気持ちが良いものですよね。
共用部分を使うのは主に居住者です。その維持や管理にかかる費用を居住者同士で負担するのは当然のことではないでしょうか?
管理費や共益費は日頃からマンションの維持・管理をして頂いている感謝の気持ちで支払っていると考えると、負担には感じないものなのかもしれません。

トップに戻る

マップ検索マップ検索路線検索路線検索

空室お問い合わせ・ご相談・非公開物件も多数ご紹介!お気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせは「0120-519-910」までメールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

ラグジュアリーについて 手数料無料(0円)にできる理由 オーナー様へ

PICK UP!

都市型マンション プレサンス特集
家具付き物件 格安・審査なし