全物件仲介手数料無料 お問い合わせはこちら

2017年07月09日

デザイナーズマンションの特徴と探し方

07-min

家賃も安く物件も豊富で、一人暮らしをするときにワンルームマンションを選ぶ方が多くいらっしゃいます。
けれど、ワンルームマンションは狭いしもっとおしゃれなところに住みたいと考えている方が多いのも事実です。
ですが、1ldkデザイナーズマンションならこの希望は叶うでしょう。

デザイナーズマンションの特徴

1ldkのワンルームマンションはワンルームと名前はついていますが、室内はリビングダイニングともう1部屋の2部屋あります。
このため、通常のワンルームよりも広い空間でゆったりと生活ができます。
空間が広くなった分収納も増えますし、家電製品や家具の置き場に困ることもありません。
また、1ldkのワンルームマンションは、友人を自宅に招く期間の多い方や料理をよくされる方に打ってつけの物件だと言えます。
ワンルームマンションでは多くの訪問客を招くことはできませんが、
1LDKの間取りなら窮屈さを覚えず友人を招いて食事を振る舞っても手狭さを感じることはございません。
外観には意匠が凝らされ、室内も設計家や建築家が居住者の理想や利便性を実現するために工夫を凝らされているのがデザイナーズマンションの特徴です。
壁の色と備え付けの装備品とが調和し落ち着いた雰囲気が感じられる部屋や、
壁面がコンクリート打ちっぱなしの無機質な演出な部屋など普通のマンションとは違った雰囲気を味わえます。
ロフト付きや、室内が上階と下階に分かれて階段が設置されるタイプの部屋もございます。

家賃の安いデザイナーズマンションを探す方法

デザイナーズマンションには住んでみたいけど、家賃はどうなのだろうと考えてしまいます。
実際に1ldkデザイナーズマンションは、通常のワンルームよりも家賃が1割から3割は高く設定されているというのも本当のことです。
ですが、賃料の安い物件を探すことも不可能ではありません。
古くなった物件を、リノベーションして内装や外観をすっかりと変えてしまったマンションも存在しています。
もちろんデザイナーズマンションと変わらないほどおしゃれで意匠を凝らした作りです。
このタイプの物件なら、家賃が通常よりも低く設定されているところが多いので費用をおさえておしゃれな物件に住めます。
さらに、人気エリアは諦めて少し離れたところで物件を探すと賃料の安い物件に出会えるはずです。
おしゃれなリノベーション物件はたくさんあるので、自分の好みに合った物件を探してください。

最後に

デザイナーズの1ldkマンションは、外観・室内ともにおしゃれな雰囲気で間取りが広くワンルームでの不満を解消してくれる物件です。
リノベーション物件を候補にする、エリアを絞るといった探し方の工夫で家賃の安い物件を見つけることもできます。
予算が不安だという方は、一度不動産会社の担当に相談することをおすすめ致します。
名古屋には数多くのデザイナーズマンションがあるので、きっと希望の物件が紹介してくれるでしょう。

  • プレサンス特集
  • 家具付き物件
  • 仲介手数料を0円に出来る理由
  • 店舗案内
  • オーナー様へ
  • LAxuryについて
  • お客様の声