こだわり特集

デザイナーズマンションの収納について

news08

デザイナーズマンションの収納について

名古屋でデザイナーズマンションに住むのであれば、こだわりたいのは「収納の広さ・多きさ」です。
せっかくのおしゃれな空間が物で溢れ返ってしまってはデザイナーズマンションの良さが台無しになってしまいますよね。
かと言って、収納家具を増やし過ぎてしまうとスペースが狭くなってしまいますし、マンションのコンセプトと家具のデザインが合わないというトラブルも発生してしまうかもしれません。

ですので、お部屋選びの際はご自身の持ち物をしっかりしまうことが出来る収納スペースがあるかどうかを必ずチェックしておきましょう。
クローゼットや押入れの大きさは十分か、キッチンなどの水回りの収納スペースは確保されているか、玄関のシューズBOXは靴だけではなく傘をしまえるようになっているかも見落としがちなポイントかもしれません。

どうしても気に入ったお部屋の収納スペースが足りない・・・。
そんな場合は、収納スペース付きのベッドやソファーがあれば、デザイナーズマンションのコンセプトを壊さずに収納するスペースを確保出来ます。
しかし、家具などを買い替えたり増やす予定がない場合は、元々ある収納スペースをフルに活用して行くしかありません。

上手に収納を活用していくコツを考えてみましょう。

収納とは単純に物をしまいこんで見えないようにするのではなく、必要な時に必要な物を取り出し、再びしまうことが出来なくてはいけません。
その為には生活導線を考え、使いたいところに使いたいものが収納出来るスペースを設けて行きましょう。

【クローゼットを活用するコツ】

意外と見落としがちなのがハンガーの種類です。
厚みのあるハンガーは衣類の型崩れ防止となりとても便利ですが、余計な幅を取ってしまうのも事実です。
ハンガーのサイズは揃えた方が衣類の高さがバラバラにならず、見た目的にも綺麗でオススメなのですが、衣類によってハンガーを替え、無駄に厚みのあるハンガーばかりにならないよう気をつけましょう。
衣類をかけるスペースが余った場合は吊り下げ収納などを設置すると、とても便利ですよ。

また、クローゼットの上下は絶好の収納スペースです。
下はクローゼットのサイズに合った収納BOXを購入することで衣類等をしまえますので、お部屋に衣類用の収納BOXを置かずに済みます。
クローゼットに収納BOXが複数入る広さの場合は、収納BOXの色を統一することによりスッキリかつおしゃれな印象を与えますので、収納がちょっと楽しくなるかもしれません。
収納BOXの中の衣類は小さくたたむか丸めるかをして縦向きに収納すると、たくさんの数を収納することが可能になります。
収納BOXを置くほどの高さがクローゼットの下にない場合は100円ショップなどに売っている籠などを活用してもいいかもしれません。
クローゼットの上の部分には収納棚があるのが一般的で、鞄を置いたり、普段あまり使わないものを収納出来る場所になっています。
ここの空間も無駄にすることなく、高さにあった収納BOXや籠などを活用して行きたいですね。

【押入れを活用するコツ】

押入れのような広い空間はついつい無駄にスペースを余しがちになってしまうことが多いと思われます。
空間を無駄にしない為にも、収納BOXや突っ張り棚を上手に利用し、たくさん物が収納出来る工夫をして行きたいですね。

押入れは一般的には天袋、上団、下団に分かれているものが多いです。
押入れの天袋は高さがあるので、何かに登って物を出し入れしなくてはならない場所になります。
ですので、普段あまり使わないものやシーズンオフの洋服、クリスマス等の季節イベントのアイテムを収納しておくと良いと思います。
前面に取っ手のついたタイプの収納ケースに入れて収納すると、取り出しが便利になります。
押入れの上段は自分が立ったまま物を取り出せる位置なので、よく使うものや重さがないものを収納するのが良いでしょう。
押入れの中にツッパリ棒を設置すれば、そのままクローゼットに大変身してしまいますし、カラーボックスを置ける高さがある場合、組み立てる際に棚を敢えて作らず完成させ、カラーボックスの中にツッパリ棒を設置すれば
それがそのままミニクローゼットに変身して可愛くオシャレに活用することが出来ます。
サイズに合った引き出し収納などを活用すれば奥行きを最大限に活かすことが出来るのでこれもオススメです。

押入れの下段は低い位置なので、重さのある物を収納すると便利です。
お布団をしまう際には圧縮袋があると便利だと思いますが、なかなか持っている方も少ないと思われますので、手間はかかってしまいますが、なるべく収納袋に入れてしまうように心掛ければ、見た目的にもスッキリして良いと思います。
重さのある物を収納する際にはカートやキャスター式の収納などを利用すると取り出しが便利で負担も軽減されると思われます。
押入れは奥行きがある為、側面の壁も利用することが出来ます。
ここにS字フックを設置してみたりすると帽子やアクセサリーの収納になりますのでとても便利ですよ。

様々なアイディアで収納を楽しみながら、お部屋をすっきり綺麗に魅せることが出来ると良いですね。

トップに戻る

マップ検索マップ検索路線検索路線検索

空室お問い合わせ・ご相談・非公開物件も多数ご紹介!お気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせは「0120-519-910」までメールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

ラグジュアリーについて 手数料無料(0円)にできる理由 オーナー様へ

PICK UP!

都市型マンション プレサンス特集
家具付き物件 格安・審査なし