こだわり特集

オール電化のメリット・デメリット

news15

【オール電化とは?】

オール電化とは住宅で用いるエネルギーをすべて電気でまかなうシステムのことを言います。
主に、調理・給湯・空調(冷暖房)などがあり、今まで使用していたガス(都市ガス・LPガス)の使用がなくなります。

オール電化の住宅で使われる機器は一般的に以下のものがあります。
・調理:IHクッキングヒーター(火を使わない電磁調理器)
・冷暖房:エアコン、蓄熱式電気暖房器、床暖房システム
・給湯:エコキュート(ヒートポンプ技術を利用して空気の熱でお湯を沸かす電気給湯機)

【オール電化のメリットとは?】

①火を使わないことの安全性
オール電化のメリットと言えばやはりこれですね。
住宅内で火を使用する機器がないということは、火災や火傷の危険を避けることが出来ます。
また、ガス漏れが発生することもありませんので、一酸化炭素中毒の心配もありません。
小さなお子様のいたずらや、お年寄りの火の消し忘れ、元栓の閉め忘れなどを心配されるご家庭には安心かつ安全な仕組みだと思います。

②手入れが簡単な調理機器
ガスコンロは五徳(真ん中の鉄の部分)や汁受け皿があり、掃除が少し大変ですが、「IHクッキングヒーター」はフラットプレートを使用していますので、布巾でさっと拭くことができお手入れがとても簡単です。
また、熱の伝導率が非常に高くエネルギーの消費に無駄がありません。
火を使用して料理をすると料理中の余熱が部屋中に行きわたり、特にキッチンまわりは高温になってしまいます。
夏の暑い時期の料理はとても苦になりがちですし、室温を下げる為にエアコンを稼働させたりするでしょう。
しかし、IHクッキングヒーターであれば直火を使用しませんので、料理中の余熱はほとんど出ること゛ありません。
ガスに比べて上昇気流が少ないので、油の飛び散りもほんどなく換気扇や壁のベタベタ汚れも抑えることが出来るのも特徴です。

③お部屋の空気を綺麗に保つことが出来る。
ガスを使用すると二酸化炭素が発生して室内の空気を汚してしまいますが、オール電化のお部屋ではガスを使わないため室内の空気が汚れません。

④基本使用料の一本化
オール電化ではガスを使用することがないため、ガスの基本料金が発生することはありません。
ガスと電気で2重になっていた基本料金がひとつにまとまることで、ガスの基本料金の分がお得になるのです。

⑤非常時の水の確保。
「エコキュート」は外気の熱を吸収してお湯を沸かす仕組みになっています。
ですので、その分の電気の使用量を抑え電気代の節約となります。
ヒートポンプユニットで貯湯タンクユニット内の水をお湯に沸かし、熱交換後再び沸かしたお湯を貯湯タンクユニットへ戻します。
停電や断水などで困った際には、この貯湯タンクユニット内のお湯や水を取り出して利用することが出来ますので災害対策にもなります。

【オール電化のデメリットとは?】

①専用調理器具を購入しないといけない。
IHクッキングヒーターは磁力線が鍋底を直接加熱する仕組みになっています。
使用する鍋やフライパンの素材は鉄やステンレス製などのIH対応素材でなければなりません。
鍋の大きさは電磁調理器のサイズに合う12~26cm程度のもので、形状も底が平らである必要があります。
12cm未満のサイズは使えなく、また、丸い形状の鍋も使用することが出来ません。
調理器具にこだわりのある方には不向きだと思われます。

②停電すると何も使えなくなる。
停電をした場合、ガスコンロがあれば鍋でお米を炊いたり、簡単な調理をしたり、お湯を沸かすことは可能ですが
全てのエネルギーを電気でまかなっているオール電化では、停電が発生してしまうと何もできなくなってしまいます。
災害が多い近年ではエネルギーの1本化に疑問を持つ声があるのも事実です。
しかし災害対策としてカセットコンロを常備している方は少数派だと思われます。

③非常時の水の安全性。
エコキュートの貯湯タンクユニット内の水は衛生上そのまま使用することが出来ず、1度煮沸する必要があります。
災害等で電気が止まってしまっていてはIHクッキングヒーターを動かすことが出来ませんので煮沸することが出来ません。
この場合、水の使用の判断がとても難しいものになりますね。
せっかく非常時の水があるのに、それを使うことが出来ないのは何とももどかしいものです。

④湯切れがおきてしまう。
エコキュートはガス給湯器とは違い、使う時にお湯を作るのではなく夜間にお湯を貯めておく仕組みとなっています。
そのため、急にお湯をたくさん使ってしまうと、貯めていたお湯を使い切ってしまい、お湯が出てこないというトラブルが発生してしまいます。

オール電化の住宅の場合、オール電化向けのプランに入ることが多いです。
オール電化向けのプランは基本的に夜間の電気料金が安くなっていて、この間にお湯を沸かしたりすることで光熱費を抑えています。
逆に昼間の電気料金は夜間の電気料金が安くなっている分高めに設定されていることが多く、日中に電気を多く使う方には不向きな物件となり、日中は不在の方には向いている物件かもしれません。

トップに戻る

マップ検索マップ検索路線検索路線検索

空室お問い合わせ・ご相談・非公開物件も多数ご紹介!お気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせは「0120-519-910」までメールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

ラグジュアリーについて 手数料無料(0円)にできる理由 オーナー様へ

PICK UP!

都市型マンション プレサンス特集
家具付き物件 格安・審査なし