こだわり特集

お洒落なデザイナーズマンションに合うカーテン選びのポイント

news16

カーテンはお部屋の面積の大部分を占め、お部屋の印象を決定づける大事な役割を持っています。

【カーテンの種類】

カーテンの種類は様々ですが、大きく分けると
①レースカーテン(薄手の生地で作られているもの)
②ドレープカーテン(厚手の生地で作られているもの)
この2つが存在します。

レースカーテンの役割は主にプライバシーの保護が目的で、外からの視線をブロックする為に使用されます。
また、室内に入る自然光の量を調整できる為、外からの視線をブロックしつつ、日差しを室内に取り入れる事が可能です。
これは透過性のあるレースカーテンならではのことなのでドレープカーテンでは不可能です。

ドレープカーテンは遮光性、遮熱性、防音性に優れています。
生地の種類・デザインが豊富で、インテリアに合わせて室内を演出します。

【カーテンの色の選び方】

好きな色や柄のカーテンを購入した後、カーテンに合わせてインテリアを選ぶということはまずないと思われます。
カーテンはお部屋の色・インテリアの色に合わせて選ぶのが一般的です。

お部屋の色の配色は主に以下の3色に分けられます。
・ベースカラー(基調色)70%:お部屋の基本(壁紙、天井、床)の色。
・メインカラー(協調色)25%:お部屋の雰囲気を決めるインテリア(ソファ、テーブル、カーテン)などの色。
・アクセントカラー(強調色)5%:お部屋のアクセントとなるクッションや照明や雑貨などに使われる色です。

お部屋のどのカラーに合わせてカーテンを選ぶかをまず考えてみましょう。

①ベースカラーに合わせる場合一番失敗がないのはこのベースカラーに合わせたカーテン選びです。
ベースカラーの類似色でコーディネートすれば、まとまりやすく落ち着いた雰囲気のお部屋になります。
例:壁と天井が白、床が茶系
床と同じような色の茶系のカーテンにするか、もしくはベージュのような色のカーテン
例:壁と天井が白、床も白
インパクトのある少し濃いめの色のカーテンや柄物のカーテン

稀にアクセントで壁の一面だけ色を変えているお部屋があります。
この場合はその壁に合わせた色のカーテンを選んでみるのも良いでしょう。

②メインカラーに合わせる場合大きめのソファーがある場合はカーテンをソファーの色や類似色に合わせてみましょう。
ソファーの色がグレイの場合は、グレイもしくはグレイの類似色のカーテンだと失敗することはないと思います。
フローリングにラグを敷く場合は、ラグの色に合わせたカーテンを選ぶとお部屋が綺麗にまとまります。
家具にこだわりがあり同じ色で家具を統一をしているという方は、カーテンも家具と同じ色に合わせれば上手に纏まります。

③アクセントカラーに合わせる場合アクセントカラーに合わせるカーテン選びはなかなか高度です。
趣味で雑貨等を集めてる場合は、その雑貨等に合わせたカーテンを選んでみても面白いかもしれません。

【カーテンの遮光性を考える】

良い目覚めの為には、少しずつ明るくなっていく環境の中で眠るのが一番なのかもしれません。
ですが、せっかくのお休みの日に早朝の光で起こされてしまうのは嫌だという方も多いのではないでしょうか?
色でカーテンを選ぶのも大切ですが、カーテンの遮光性も知っておきましょう。

遮光カーテンには以下の3つの等級があります。
・1級遮光:遮光率99.99%以上( 人の顔の表情が識別できないレベル )
・2級遮光:遮光率99.80%以上、99.99%未満 (人の顔あるいは表情がわかるレベル )
・3級遮光:遮光率99.40%以上、99.80%未満 (人の表情はわかるが事務作業には暗いレベル)

1級遮光は寝室や、西日がきついお部屋に利用しましょう。
仕事柄夜間勤務が多く、帰宅して睡眠をとる時間がどうしても昼間の明るい時間帯になってしまう方は、遮光カーテンを選べばしっかり睡眠がとれると思います。
キツイ西日を遮るのが目的の場合は、ドレープカーテンだと部屋が暗くなってしまうのでレースのカーテンを遮光性の高いものにしましょう。
遮光性のない普通のカーテンの遮光率は遮光率99.40%未満となっています。
光を良く取り入れてくれるので気持ちの良い目覚めを迎えることが出来ると思います。
朝型の生活の方には特に遮光カーテンを選ぶ必要はないかもしれません。

【カーテン選びで気をつけたいポイント】

①正しく計測するカーテン選びで失敗しがちなのはサイズです。
短すぎても長過ぎてもダメなのでここは購入前にしっかり採寸しておきましょう。
一般的なレールと装飾レールでは測り方が異なりますし、窓の種類によっても測り方が異なります。

②通販購入は避ける。
オンラインで何でも物が買えてしまう便利な時代ですが、生地がネットで見た色と実際の色が違う場合があります。
返品・交換の手間を考えるとやはり自分の目で現物をしっかり確認する方が良いでしょう。

③洗濯の表示を確認する。
カーテンには自宅で洗える物と洗えない物があります。
水洗い不可のカーテンを洗濯してしまった場合、生地が縮んで使えなくなってしまう場合もあります。
水洗い出来るカーテンはご自宅で洗濯可能ですが、水洗い不可の場合はクリーニング店で相談しましょう。

カーテンは何度も買い替えたりするものではないので慎重に選びましょう。
素敵なカーテン選びで、お洒落なデザイナーズマンションのお部屋がさらにお洒落になりますように。

トップに戻る

マップ検索マップ検索路線検索路線検索

空室お問い合わせ・ご相談・非公開物件も多数ご紹介!お気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせは「0120-519-910」までメールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

ラグジュアリーについて 手数料無料(0円)にできる理由 オーナー様へ

PICK UP!

都市型マンション プレサンス特集
家具付き物件 格安・審査なし