全物件仲介手数料無料 お問い合わせはこちら

2017年06月04日 , , ,

物件探しの時の「間取り」について

dd23-min

物件探しでの条件の要はやはり「間取り」ですよね。
間取りによって家具の配置から何から何まで全て変わってしまいます。
部屋がどれだけ広くて綺麗であっても、間取りがちょっと…となるとそれだけでNGと言う方がほとんどです。
それだけ「間取り」というのは日々の生活にとって重要となります。
デザイナーズマンションでは一風変わった間取りがよく見られ、
一見とてもおしゃれに感じますが、まずはよく選んで決めることをおすすめします。
ご自身のライフスタイルにあった間取りを選ばないと家具が使いづらくなってしまったり、
インテリアが上手くいかなかったり、風通しや日当たりにも関係してきます。
より快適な生活にするために、間取りについての注意点を見て行きましょう。

特に見るべきポイントは?

どんな間取りがおすすめで、どんな間取りだと良くないのか、というのは人によってしまいます。
お好みの間取りがある場合は条件にするべきですが、どんなものが良いんだろう?とお悩みの方へ
「こんな間取りだとこういった傾向がある」というパターンをおまとめしました。

開放的すぎる間取り

仕切りやドアが少なく、LDKが一体化していて一見とても開放的で見通しの良い物件ですと、
お掃除がしやすくとても良さそうに感じますが「臭いや風も通りやすい」ということがございます。
風通しが良いことは夏場は良いのですが、その分お料理をした際など臭いが充満しやすい、というお声をよく聞きます。
冬場、ストーブの熱が回りやすいのはおすすめですが、キッチン周りだけ暑くなったりと調節がしづらいことが難点です。
こういった場合は日当たりで大きく変わることがあるのでどちらを向いているのか方角をチェックしてみましょう。
南向きや北向きなど、物件の向きによってエアコンやストーブが無い時の温度が大きく変わります。
また、ご自身が熱がりなのか冷え症なのか等も関わってくるので、是非一度相談してみましょう。

コンセントの場所が悪い

こちらはよく耳にします。
間取りによってはコンセントの配置が大きく変わってしまうので、同じマンションやアパートでも場所が違うことはよくあることです。
物件を内見した際は、コンセントの場所もしっかりチェックしましょう。

また、家具を置いたイメージをしてみて、その際にコンセントはここで大丈夫か、というチェックをすると
いざ生活を始めた時にとても役に立ちますよ。

デザイナーズマンションの間取りがおすすめ

ではデザイナーズマンションの間取りはどうでしょうか。
デザイナーズマンションはその名の通りとてもデザイン性に優れたマンションです。
そのため設備だけでなく、様々な間取りの賃貸物件がございます。
特に変わった間取りがお好みの方であれば、デザイナーズマンションはうってつけでしょう。
また、通常の賃貸物件をお探しでなかなか良い間取りのお部屋が見つからない…という方も、
是非一度デザイナーズマンションもご覧ください。
デザイン性に優れた間取りは、生活を快適にするだけでなくとても楽しくなるものです。
とても素敵なお部屋に出会える確率も高まりますので、是非候補に加えてみるのはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
間取りは一番重視する点と言っても過言ではございません。
選んだ間取りによってインテリアが変わり、生活も合わせなければなりません。
ですが、それならばデザイナーズマンションのようなおしゃれな間取りに合わせてみませんか?
ご自身のライフスタイルが一変し新しい発見があるかもしれませんよ。

オススメ物件

ロイジェント新栄Ⅱ(広いLDKで快適空間 1LDKタイプ)

プレジデント大須(風とおりの良い1ルームタイプ)

さくらHills城見通り(女性にオススメ!便利な別部屋タイプ 1LDK)

  • プレサンス特集
  • 家具付き物件
  • 仲介手数料を0円に出来る理由
  • 店舗案内
  • オーナー様へ
  • LAxuryについて
  • お客様の声