全物件仲介手数料無料 お問い合わせはこちら

2017年03月28日 , , ,

リーズナブルでありながらお洒落な住まいがあります

dd05-min

人間が生きていくために欠かせないのが衣食住で、その中で住居はベースとなるものです。
ただ収入に見合った家賃でお洒落な場所と考えるのは難しく、
この時に参考にしてほしいのがデザイナーズタイプのアパートで、
リーズナブルでありながら雰囲気のある住まいになります。

おしゃれでリーズナブルな住まいです

住まいというのは収入に対して30%くらいが適当と言われていますが、
新入社員がその条件で一人暮らしを考えるとかなり大変です。
選択の順位としてはまず家賃、そして間取りや交通アクセスなどが必要となってきて、
オシャレさや雰囲気は後回しになってしまう場合が多くなります。
しかし住まいは肉体や心をリラックスさせてくれる場所で、居心地の良さやデザイン性も重要です。
名古屋で住居を探している場合、少しでも家賃をリーズナブルにするためにはマンションではなくアパートもチェックしてみるのが良く、
最近はおしゃれなデザイナーズタイプもあります。
アパートというと古臭い建物といった既存イメージが存在していますが、
そういったものを覆す素敵な建物が最近は増えているので、
選択肢に加えてみると予算内で素敵な住まいが見つかるかもしれません。

違いを知ると分かりやすいです

マンションとアパートの違いは建物の構造に関してのみで、
アパートは2階建てまで、木造や軽量鉄骨造りが中心となり、対してマンションは階数に制限がありません。
それだけに実際のところ家賃に関しては築年数で決められることが多く、アパートだから安いとは限らないのです。
ただアパートが作られてかなりの年月が過ぎて、耐震などが必要となり建て替えを考えるオーナーが増えていて、
この時にデザイナーズ化を進めるケースが増えています。
古い建物がお洒落な物件に生まれ変わり、しかし家賃は据え置きの場合が多く、
上手く探すとリーズナブルでありながら理想の住まいを見つけられるかもしれません。
この時に大切なのは不動産業者やマンションやアパートの総合情報サイトを利用することで、
さまざまな情報を持っているので、活用すると住まいを見つけやすくなります。

住まいは機能性や安全だけではなく、心と体がリラックスできる居心地の良い場所であってほしいものです。
そのためにはデザイン性も重要となりますが、収入が低い場合は家賃に多額をかけられず諦めてしまう人も多くいます。
そういった時にマンションだけではなくアパートも選択肢に入れるのが良く、
最近はリフォームや建て替えでデザイナーズタイプのアパートも増加しており、
据え置きのリーズナブルな家賃でありながら、オシャレな建物が見つかる場合があります。

  • プレサンス特集
  • 家具付き物件
  • 仲介手数料を0円に出来る理由
  • 店舗案内
  • オーナー様へ
  • LAxuryについて
  • お客様の声